コンテンツビジネス特化型Facebook&インスタ広告運用講座
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

コンテンツビジネス特化型Facebook&インスタ広告運用講座

¥248,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

20210108CFAC-SHOPIFY.pdf

160KB

Facebook広告で9か月間 集客を続けて至った結論 広告集客したら売上は伸びる 私のコンテンツ売上は 昨年の倍になりました。 年末にド新規で新しい広告を出し始めました。 この教材で解説しいる手法で、 今日から新しい広告をだしはじめました。 そしたら、初日からこんな結果に! いきなり200円を切る展開に! 下記のようにイイ感じでリストが集まっています。 2020年の春から出し続けている広告での集客もかんな感じです。 毎月2,000円の予算でこんな感じで集客ができています。 現在進行形で井上が実践しているFacebook広告での集客の手法を全て教材で公開しています。 ちなみに2020年12月の教材コンテンツの売上はこんな感じです。 Facebook広告の管理画面はこんな感じ 時系列でCV数をグラフ化してみると 99か月で約1,900件のコンバージョン数 当初は1日3000円の予算で出稿していましたが、10月より2000円に減額していました。その分、取得ペースは遅くなりましたが、そでも尚、安定的に集客ができていました。 取得単価(CV単価)の推移 9月までは500円を切る!10月以降単価が上昇 4月から9月の期間は、Facebookでの広告出稿の総数が少なかったため、日別でも300~400円台を推移していました。 後半以降は出稿者が増えたのと、メンテをせずにそのまま出していたので、単価は上昇。 12月20日より大幅に手を入れたら、再び400円を切る日もでてきた。 4月からの累計CV単価は270円。 上昇基調ではありますが、しっかり調整して運用すれば500円台でのリスト取得はいうほど難しくない。 広告費とフロント商品売上の推移 フロント商品の売上で広告費は相殺 広告でコンバージョンしたあと、フロント商品を販売しています。 その売上金額で広告費を賄えています。 実質的には広告費負担なし!というより粗利を獲得しながら集客を続けている状況です。 ちなみに、広告経由のフロント商品の販売数は97本、売上で682千円。広告費が511千円なので、粗利は約170千円。 この金額には、バックエンド商品の売上は含んでいません。当然ですが手元には取得したメールアドレスもある訳です。 ちなみにフロント販売はほぼ自動だったり… 上記で共有させていただきました数字の部分のスキームですが、基本的には放置プレーです。 要は、広告の数字だけチェックするくらいで、販売から納品まで自動で行っています。 みんな大好き、ステップメールでの自動販売機ってやつです。 これ、みんなが憧れますが、基本上手く行かずに挫折しますよね。 その理由はカンタン!集客が上手く行かないからです。 結局、自動で販売する仕組みを作っても、集客が出来なければ、なんの意味もない訳ですよ。 で、その集客をするのに、広告費をかけずに、無料で済まそうとするから、手数が増え、時間ばっかりかかって全然売上になんないんですよね。 集客の部分を、広告費をかけて行うだけで、簡単に作れるのに、多くの人がやらないんですよね~。マジで勿体ない。 広告費はケチるけど、教材とかのノウハウ購入費はザルだったりしませんか? あっ、これかつての井上はそんな感じでしたw しっかりと広告で集客が出来れば、フロント商品の自動販売機的なスキームは難なく作ることができるんですよ。 バックエンドコンテンツの売上はどうなったのか? 2018年、2019年の実績 上記の売上集計表は、補助金申請の資料に添付したものを転載しています。コンテンツ売上以外の部分は黒塗りですが・・・。 昨年2019年は、コンテンツビジネスを本格的に始めた年なので、前年よりも一気に売上が伸びています。 では、2020年の今年はどうだったのか・・・・。 まだ、12月は締まっていませんが、12/23日までの概算で・・・・ 4,605,953円 という結果になっています。 前年から約2600千円増ですから、125%増の結果でした。 これ、広告で集客をしていなければ、ここまで売上は絶対に伸びていないです。 広告費500千円を使って4,600千円に売上を獲得する 広告費って先行投資なんですよ。広告費を先に使うことで、その後に売上としてドカーン!と戻ってくる訳です。 これ、最初の頃って、いくら言われてもピント来ないんですよ。私自身もかつて広告を教わった時に、こう言われましたが。 でも、実際に今年1年、切羽詰まって広告を使わざるを得ない状況に追い込まれ、実際に使い始めたら・・・。 こんな感じで売上を伸ばすことができたんですよ。 だから、広告を使って集客をした方が、絶対に早いし、成果もでる訳です。 上記の金額は、単純にコンテンツビジネスの売上だけですから、コーチやコンサルといった先生業であれば、個別セッションやコンサルなどの高単価商品になるので、もっと売上が伸びると思いますよ。 それって井上さんだから出来たんでしょ問題 多分、そうだと思いますよ。 と言うのは冗談で、これぶっちゃけ、しっかりと広告手法を学んで実践し続ければ、成果はでます。 実際、私自身も2年前まで、広告は満足に運用できませんでした。 にも拘わらず、クライアントから依頼を受けてしまったので、半強制的にやらざるを得ない状況になったんです。 いきなりお金貰ってやるので、真剣にならざるを得ないし、やり切るので結果はでますよね。 で、その時に取得したコツを、今度は自分のビジネス、ようはコンテンツビジネス向けの集客に応用すべく、この春から自社の集客に活かすようになったんです。 あっ、ちなみに代行をやったときは、物販系でした。 で、あれこれ試行錯誤しながら、広告運用を始めた結果、現在に至る訳です。 ちなみに、広告を運用できるようになったお陰で、副次的に広告代行での売り上げも発生するようになりました。 で、代行で運用している広告も、基本的に500円台で取得できているので、自社以外の案件でも自社と同様の成果があがることは、実証できています。 売上を伸ばしたいなら広告集客は必須 ここまでの井上の話や事例を聴いたら、広告を出すことの重要性に気付きましたよね。 私のようにコンテンツ販売に限らず、コンサル、士業、コーチといった先生属性の方も、広告集客をすることで、売上は劇的に伸ばすことができます。 毎日SNSに投稿したり、ライブ配信したりして、労働集約型の集客をしていても、いつになっても売上は伸びませんよ。 時間が一番貴重なのに、目先の広告費をケチって時間を浪費しているなんて、ナンセンスですよね。 なので、そんな労働集約型の集客手法にオサラバして、広告を使った集客を2021年こそは取り入れましょう。 この年末年始は感染症の影響で、ステイホーム期間が続きますよね。その時間を使って、一気に広告をマスターしてしまいましょう。 井上が今現在やっている広告手法をまとめました。 この春から実践しているFacebook広告を使った集客手法を教材化しました。 要は平均300円台でリスト取得している手法を解説した教材です。 それこそ、昨年よりコンテンツ売上を125%伸ばした手法を、解説した教材になります。 この教材では、単純にFacebook広告の出し方の解説だけでなく、低単価でのリスト取得が可能な広告クリエイティブ。 コンバージョン率が爆上がりになるランディングページの作成法なども解説しています。 さらに、自動化した際に、効率的に売上を伸ばすためのセールス手法やコンテンツ更生法なども解説しています。 なので、セールス及びコンテンツに関連する項目までカバーしています。 ですから、この教材を手に取っていただければ、井上が実際に行っている広告運用手法をマスターすることができます。 気になる教材の内容は 今回の教材は、今現在実践していることを、余すことなく盛り込んだため、超ボリューム満点の構成になりました(汗 内容は下記リストをご確認ください。 このボリュームに圧倒されたのではないでしょうか? 当初、この講座は半年間かけて、Facebookマスターしていただく講座でした。 ただ、この年末年始のステイホーム期間中に効率よく学んでいただくために、初回から講義コンテンツを全て解放いたします。 ※パスワード一覧をお渡しします。 もちろん、半年間のカリキュラムメールも配信されますので、それに従って進めて頂くでもOKですよ。